福岡県糸島市の色彩遊びのアトリエ
こころんカラー【cocolorn color】は<完全予約制・女性専用>です。


MENU

北窓からの間接光だからって

色を正確に見る環境を作るために、こころんカラーでは「標準光アシストライト」を設置しています。

 

色が正確に見える「標準の光」ですが、雲一つない晴天の日の北窓からの間接光(11時から14時位の間)ということになっています。

 

北窓からの間接光であれば…直射日光が入らない…比較的安定した光だと思っていた私ですが、先日主人の実家に行った際に気づきました。

北窓から眩しい光が差し込んでいることに。ん?

その部屋は1階、北側と東側に窓があります。

眩しい光は東側からではなく、どう見ても北窓から差し込む光…

それは、隣のマンションの壁からの照り返しなのでした。

しかも、マンションの壁はオレンジ色のタイル…。

差し込む光が「赤っぽい」。

これは…せっかくの北窓だけれど、(ここでカラー診断をするなら)カーテン閉めたほうがいいな。

(どこに行っても、窓の向きをチェックしたり、そんなことを考えてしまいます(笑))

 

そう「北窓」だからと言って、安心はできないのでした。

 

日本の家屋では、北窓のある部屋は少ない気がします。

家の建物の北側に窓があっても、大抵小さな窓が並んでいる家が多い。

 

主人の実家にも、1階のその(照り返しが眩しい)部屋と、2階の一部屋しかありません。

そう考えると、私の実家、川に面しているため前に遮るものがない2階の部屋、貴重な存在かも。

そういえば、遠い昔(笑)その部屋で花嫁化粧をしてもらったのでした。

「北窓のある部屋で」と言われていたメイクさんの言葉、今なら意味がよく分かります。

 

色は光だから、光によって見える色も変化します。

お天気や時間帯に左右されずに、正確な色が見える標準光アシストライトがあるおかげで、安心してカラー診断ができる環境がありがたいです。

標準光アシストライト

ちなみに…実は我が家の北側の部屋。前が道路なので、遮るものもなく、照り返しもなく、結構理想的な環境の部屋なんですが(笑)。開けられない部屋になっています。

なんとかしたいものです^^;

 

標準光ベストカラー診断、承っています。

www.cocolorn-color.info