福岡・糸島で色遊び・カラーアートセラピスト柳瀬理恵の色彩日記

福岡県糸島市の色彩遊びのアトリエ「こころんカラー」cocolor'n colorカラーアートセラピスト・栁瀨理恵の色彩遊びの日々のブログです。アトリエ<女性専用・完全予約制>では、カラーアートセラピー、パーソナルカラー診断、パステルアート、色彩心理、アンコンシャスカラーなどを体験できます。出張講座も可能な限り承ります。色彩溢れる毎日を感謝と共に綴ります。

楽しんだもん勝ちですよ

力を抜いてリラックス

こんにちは、福岡県糸島市の色彩遊びのアトリエ

こころんカラー(cocolor'n color)です。

 

あちこちでパステルの出張講座をさせていただいているわけですが、どうも皆さん最初緊張するみたいです(笑)。

「絵心が全くなくて…」

「上手に描けるかしら…」

 

えっと…

まず、「絵心」なんて要りません。

そして「上手に」描かなくてもいいのです。

 

一番大事なことは、

「描きたい気持ち」。

それだけです。

いつもお伝えすることなのですが、「何かを描こうとしなくてもいい」のです。

まずは、塗りたい色を自由に塗ることから始めましょう。

 

私が最初にパステルの使い方を教えていただいたとき、家に帰ってから、とにかく描きたくてたまらなくなりました。

それこそチョークのようにガシガシと直接画用紙に塗付けて、指で伸ばして楽しみました。

今改めてその絵を見ても何を描いているのか分かりません(笑)。

ただ色を楽しんで塗ったなぁ~というホッコリとした感覚が残っています。

 

本当は講座の時に、「見本(参考作品)」なんて要らないのだと思います。
最初に見本を見ちゃうと、「そう描かなくちゃ」になっちゃう。

そうではなくて、描きたいように自由に描いてみて欲しいのです。

そこにいろいろな発見があると分かっているから。

 

そうなると、私の役目は初めにパステルという画材を紹介してとにかく使ってもらう、というだけになってしまいますね(^^)

それでもいいんだけど…。

f:id:cocolorn:20151106105415j:plain

↑(パステルを使い始めたころの、パレットに残った色を塗付けて消しゴムで消してみただけの楽描き…♪コピー用紙です。これが楽しかったんだよね~。そして結構好きな感じになって嬉しかったんだよね~。)

 

どうやって皆さんの肩の力を抜いてもらうか…それがテーマかもしれません。